中級CST養成プログラム

対象者・受講条件

本プログラムの対象者ならびに受講に際して必要な条件は以下の通りである。

  • 福井大学大学院教育学研究科に在籍しており,20ヶ月以上の受講期間を確保できること。
  • 中級CST養成プログラム受講に関して,指導教員の同意が得られること。
  • CSTに関して理解していること。
  • 教員採用試験に合格した後,小学校あるいは中学校においてCSTとしての自覚を持って活動する強い意思を持っていること。
  • CST取得後は,継続的な研鑽を積み,上級CST取得に向け鋭意努力する意思のあること。
  • 中級CST養成プログラム受講に伴い,福井大学大学院教育学研究科院生としての勉学(教科における専門的力量を形成するための研究活動を含む)に支障をきたすことがないこと。
  • インターネットを通じて,Web 閲覧およびメール(添付ファイル含む)を送受信できること。

プログラムの内容とポイント規定

 中級CST養成プログラムは,「基礎知識」・「知識」・「技能」・「指導力」・「総合力」の5区分,16科目と任意の1科目から成り,科目概要と修了認定基準およびポイント認定基準は表に示す通りである。認定基準は認定にあたっての最低基準であり,大学院生としての勉学に支障をきたさない限り,積極的な受講による自己研鑽を推奨する。

中級CST養成プログラムの修了基準ポイントおよびポイント認定基準

区分 科目名
コード/略記
単位ポイント認定基準 単位
P
修了基準
ポイント
基礎知識

基礎理科演習(物・化・生・地)

11 12 13 14/基礎A

各科目共通 基礎知識確認試験において70%以上正答すること。

※中学校1種(理科)免許または高校1種(理科)免許を取得しない場合は、小学校1種免許のみに対応する「基礎知識確認試験(小学校)」に置き換えることができる。但し、ポイント取得条件は、「基礎知識確認試験」と同様とする。

1

(各1)

4

基礎理科演習(主専攻1・2)

11~14/基礎B

CST養成プログラム受講申込時に指定した2科目の基礎知識確認試験において70%以上正答すること。 1

(各2)

4

小計 8
知識

理科内容学講義

23/内容講義

CST企画運営委員会が指定した福井大学の講義科目(2単位)を取得すること。
(工学部の共通教育副専攻を取得した場合は3ポイント認定)
1 2

先端科学技術セミナー

21/先端セ

連携機関・協力機関が実施する先端科学技術等に関する講座を受講し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 4

学校教育セミナー

22/教育セ

福井県教育研究所等が実施する学校教育に関する講座を受講し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 1

理科教育研究A

24/学会参加

理科(教育)・科学技術関連学会・研究会等で発表し,CSTメンバーサイトで報告書を公開および要旨等を提出すること。 1 1
小計 8
技能

技能研修講座A

32/技能(県)

福井県教育研究所等が実施する理科実験・観察等を主とする講座を受講し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 2

技能研修講座B

33/技能(館)

科学館等が実施する実験・観察等を主とする講座を受講し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 2

理科教育研究B

34/学会発表

理科(教育)・科学技術関連学会・研究会等で発表し,CSTメンバーサイトで報告書を公開および要旨等を提出すること。 1 1

理科教育研究C

35/申請書

科学研究費補助金等の応募書類を作成し,大学教員等の添削・指導を受けた後,CSTメンバーサイトに提出すること。 3 3
小計 8
指導力

指導研修A

41/SA

CST企画運営委員会が指定した福井大学の実験・実習科目において10時限以上SAを実施し,実施記録をFukui CST Membersより提出すること。(要事前申請) 2 2

指導研修B

42/訪問研

福井県教育研究所が実施するサイエンスカー巡回指導等に参加し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。(要事前指導) 1 1

理科授業研究A

43/授業参加

拠点校等が実施する理科公開授業へ参加し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 2

理科授業研究B

45/授業研

拠点校等が実施する授業研究会へ参加し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。(理科授業研究Aと合わせた報告書でも可) 2 2

科学コミュニケーション

48/コミュ

科学イベントにおける講師を担当し,Fukui CST Membersで報告書を公開すること。 1 1
小計 8
総合力

インターンシップA

51/総合A1

実習校におけるインターンシップ(4時間×10 回)を実施し,日誌・報告書等をFukui CST Membersに提出すること。(事前事後研修及び大学での教材研究を含む) 10 20

(指導案提出)

53/総合A3

実習校におけるインターンシップにかかわる授業実施し,その指導案を提出すること。 4 8

インターンシップB

54/総合B

博物館・科学館インターンシップ(4時間 × 5 回)を実施し,日誌・報告書等をFukui CST Membersより提出すること。 5 任意
小計 28
合計 60

科目別受講・申請手続き

 中級CST養成プログラム科目の講座・研修等受講及び各種申請手続きは,基本的に福井CST関係者用のwebサイトであるFUKUI CST Members(以下,CST Membersと表記)を通して行うものとする。CST Membersは,ユーザーIDおよびパスワードの入力によるログインを必要とする。これらのログイン情報は厳重に管理し,他人に貸与してはならない。なお,忘失した場合は,速やかに本人が直接CST企画運営事務局に問い合わせること。

受講計画の立案

 中級CST養成プログラムの受講期間は大学院修了までの2~3年間であり,プログラムの修了に向けては計画的な受講を必要とする。特に,2年目以降おいては修士研究がより本格化するほか各種採用試験等を控えていることを十分に念頭に置く必要がある。
 そこで,受講開始の立案時には,CST研究員または大学教員の確認を受けるものとする。また半期ごとにCST Membersで計画を見直すことが強く望まれる。科目によっては,実施時期が及び回数が限定されているものもあるため特に留意したい。また,基礎知識については各区分の基礎を成すものとの考えから,遅くとも受講2年目前半までにポイントを取得する計画立案が望まれる。

学校インターンシップの実施

 学校インターンシップは,福井CST 長期インターンシップ実施要項に基づき実施する。また実施にあたってその他必要な事項は以下の通りとし,掲載が無い事項について不明な点がある場合は,CST企画運営事務局または実施担当者に問い合わせを行うこと。

研修の時間帯・内容・期間について

  1. 1週間に1日(4時間相当)を基本とする。時間帯については授業の空き時間を活用するため,午前,昼食時の前後,午後が考えられる。
  2. 実習は理科授業(観察・実験)の準備,授業の支援,後始末を原則とする。また,可能であれば朝の会,給食時,帰りの会(実習時間帯により異なる)の担任補佐を積極的に行う。
  3. 研修期間は半年間で10週とし,通算40時間以上とする。
  4. 指導案を1編作成し,提出する。その際,CST研究員または大学教員の指導を受けること。

中間・終了カンファレンスの開催について

中間カンファレンス

学校インターンシップ開始後,2~3回目の研修を終了した段階(11月初旬頃)で,以下の事項について情報交換を行う目的で実施する。

  • 各実習校にてどのような実習を行っているかの紹介
  • 各自のインターンシップ目標達成に向けた取り組みを紹介
  • 困っていることや問題点などの共有と解決に向けた取り組み

終了カンファレンス

学校インターンシップ終了後(2月下旬頃),以下の事項について,受講者,大学教員,CST研究員で協議を行う。

  • 評価報告書,体験日誌,実施報告書をもとに成果を報告し合う
  • 各自のインターンシップ目標達成に向けた取り組みの成果を報告し合う
  • 報告をうけて今後CSTとして必要となる各自の課題を設定する

博物館・科学館インターンシップの実施

 博物館・科学館インターンシップも,福井CST 長期インターンシップ実施要項に基づき実施する。その他必要な事項は以下の通りとする。不明な点はCST企画運営事務局または実施担当者に問い合わせを行うこと。

研修の時間帯・内容・期間について

  1. 1回(4時間相当)を基本とする。時間帯については,大学講義の空き時間を活用するため,午前,昼食時の前後,午後が考えられる。また,土・日曜日,祝祭日に実施する場合は,1日で2回分とすることも考えられる。
  2. 実習にあたっては,事前にCST研究員または大学教員の指導を受けること。

インターンシップ実習機関の受入れ体制(先方へのお願い事項)

  1. 館長または指導担当者は,着任時に科学館等の特色を説明し,実習生としての心構え(指導担当者の補助等が確実にできるように)などを確認する。
  2. 全職員(可能な範囲で)への紹介。
  3. 記録文書(誓約書,長期インターンシップ計画書,長期インターンシップ体験日誌,長期インターンシップ実施報告書)の確認。
  4. 常時の活動場所,待機場所の指示(暖房器具の使用などについても含む)。
  5. 指導担当者との連絡方法の確認(電話,連絡用黒板,連絡用ノート,メール等)。
  6. 長期インターンシップ評価報告書の作成(様式第6号-4)。

CST合同研修会・研究チームへの参加について

CST合同研修会

 CST合同研修会は,毎年度6月,10月,2月の3回開催し,CST認定者,各級CST養成プログラム受講者,実施機関・連携機関担当者が情報交換を行う場とする。以下に内容の一例を示す。

  • CST認定者による活動報告と全体へのレクチャー
  • CST課題研究チームによる成果報告と全体へのレクチャー
  • CST受講者による受講報告および全体協議
  • ワンポイントレクチャー(小・中・高における単元のつながりと先端科学技術を意識した指導ポイントのレクチャー)

 合同研修会にはできる限り参加し,受講期間中に1回以上参加することを強く推奨する。また,上級CST養成プログラム受講者においては,特に指導法の改善例や開発した自作教材の事例報告に積極的に取り組んでほしい。
 なお,今後できるだけ早期に,CST養成プログラムに参加していない学生・院生・現職教員にも参加を呼びかけ,できる限り理科に興味関心の高い教員およびその学生・院生等の交流及び研鑽の場として提供していく。

CST課題研究チーム

 CST認定者および各級CST養成プログラム受講者,実施機関・連携機関担当者において,テーマに沿った課題を設定し協働してその解決を図るため,課題研究チームを設置する。
 課題研究チームは,チームマネージャーを中心に月1回程度の研究会を企画・開催し,その中でそれぞれが持ち寄った教材,指導案,CST間の連携手法などについて情報交換を行い,それぞれの資質向上に寄与する。また,合同研究会等でも成果報告およびレクチャーなどを開催し,まずは福井CST全体への普及を目指し,CSTを通したオール福井への普及を目指す。
 課題研究チームは比較的少人数で構成されることから,CST及び上・初級CST受講者とのコミュニケーションがとりやすい場でもある。チームの中では積極的な提案と意見吸収を行って,CSTとしての活動していくために必要な資質を養う場としてほしい。
 中級CST養成プログラム受講者は,それぞれの課題研究チームの活動を大まかに理解した上で,実際にチームに所属して活動する。その際,大学院修了年次にあたらない者は,チームマネージャーの役割を担い,チームのスケジューリングなどを積極的に行うことを推奨する。とくにCST認定者および初級・上級CST受講者とをつなぐハブとしての役割を期待する。

修了認定

修了認定の申請手順

CST Membersにおいて必要ポイントの取得を確認できた場合,以下の手順で修了認定を申請すること。

  1. 修了予定年度の2月末日までに,CST企画運営事務局まで「中級CST養成プログラム修了認定申請書」(様式第3号-2)を提出する。内容として以下を含むものとする。
    • CST養成プログラムで修得したこと
    • CSTに求められる力量とは
    • 教員採用試験合格後,初級または中級CSTとして自身の行っていきたい活動内容
    • 初級,中級および上級CST養成プログラムへの要望
  2. 上記「中級CST養成プログラム修了認定申請書」に基づき,福井CST認定委員会にて認定の可否を決定し,結果を通知する。
  3. 認定が認められた場合は,中級CST養成プログラム修了の認定書を授与する。

受講中における履歴書等の記載について

 履歴書等の資格欄に「中級CST(福井)認定見込」と記載する場合は,40ポイント以上の取得を目安とする。

養成プログラム修了認定後の扱い

 中級CST養成プログラム修了後,教諭として採用された時点で,中級CST(福井)と認定する。中級CST認定後の活動等は,「CSTの活動と支援体制」を参照のこと。